できる!バイクメンテナンス・カスタム〜ネットでつながるバイク乗り〜修理点検バイク好きのバイク乗りによるバイクの為のバイク整備点検
 できる!バイクメンテナンス・カスタム[HOME] > メンテナンス リスト > フロントブレーキキャリパー洗浄・グリスアップ



バイクメンテナンスカスタム整備修理点検
TOPページへ

管理人ginからのごあいさつバイクメンテナンス
カテゴリ数:2

メンテナンスの基礎知識
カテゴリ数:1

バイクメンテナンス
カテゴリ数:32

バイク修理メンテナンス
カテゴリ数:9

バイクカスタムメンテナンス
カテゴリ数:12

バイクメンテナンス整備
カテゴリ数:14

バイクのコラム日記バイクメンテナンス整備
カテゴリ数:7

バイク図鑑原付二種中型大型バイクメンテナンス整備
カテゴリ数:6

バイクお役立ち情報保険教習所構造
カテゴリ数:27

バイク視聴者ご投稿情報バイクメンテナンス整備
カテゴリ数:1

Yahoo正式カテゴリー登録サイト

バイクのメンテナンスカスタム
整備修理点検方法
について
ご紹介しています!

バイクの調子を保つメンテナンス整備修理
バイクの調子を見る点検
バイクをより自分色にするカスタム

すべてがバイクにとって大切なことです(^^)

フロントブレーキキャリパー洗浄・グリスアップ

 

 最近ブレーキの調子がなんだか気になってきました。
もうすでに走行距離は24000kmに近づいていますが、
前のオーナーはちゃんと整備してきたのかな?

 

気になってきたら、メンテナンスせずにはおれないので、
フロントブレーキキャリパーの洗浄とグリスアップをしました!




まずキャリパーの取り外しです。
だいたいのバイクは2つのボルトを外すだけで脱着可能です。
きっ汚い!(’’;)
丸洗いコースですね(笑)
 
丸洗いしないといけないので、
ブレーキパッドパッドピンもはずします。

パッドピンは左写真みたいに汚いと思うので、
磨いておきましょう!段付き磨耗があまりにひどいときは交換です。

 

私の場合少し段つきがある程度だったので、
右写真の耐水ペーパー(400番)ピカールで磨いておきました。
段つきもほぼなくなりました。

段つき磨耗の原因

 

ちなみになぜ段つき磨耗がおきるかというと、
ご覧のようにブレーキパッドの付け根があたるからですね。
段つき磨耗があると動きが悪くなり、ブレーキがギクシャクします。


次にキャリパーのピストンをだしていきます↓



これがピストンですね。
さっきまでブレーキパッドがあったのでひっこんでます。
ブレーキレバーを握ると、このピストンがとびでて、
ブレーキパッドをディスクに押し付けることによって制動力が生まれます。

 

まだブレーキレバーはにぎっちゃだめですよ。
ピストンがとびですぎてポロッととれちゃいます!
もしとれちゃったら、ブレーキフルード交換・エア抜きコースです。
めんどくさいですよ(’’;)

ピストンがとれてしまわないように、
かまぼこ板をはさんでブレーキレバーをにぎにぎします。
別にドライバーとかはさめればなんでもかまいません。

何回かニギニギしてるとこんな風にでてきますね(左写真)
で、かまぼこ板をとると右写真になります。
これでピストンも丸洗いできますね。
さびやらなんやらで汚いです(’0’;)


<補足>

ブレーキレバーをにぎにぎしてピストンを出すときに、
ご覧の写真のようにバラバラにでてきてませんか?

 

多少のばらつきならいいのですが、
この写真くらい極端だと平行にブレーキパッドをディスクにおしつけることができませんので、ブレーキパッドの偏磨耗・ブレーキの鳴き・制動力の低下の原因になります。

 

エア抜きが完全でないか、オイルシール・ダストシールが固着しているので、はやめのメンテナンス・シールセット新品交換をしましょう!


ここまできたら丸洗いに入ります↓


 
バケツに水と中性洗剤で洗います。
ゴム系パーツがあるので、普通の中性洗剤の方がいいですね(左写真)

 

こまかいとこは右写真のような
その名も100円ブラシ(笑)で洗いましょう!
歯ブラシでもなんでもいいです。

ジャブジャブ洗いましょう!
バケツにそのままつっこんで
ブレーキキャリパーの入浴タイムをしても大丈夫です(笑)
ひととおり洗えたらさびたピストンを磨いていきます。
さびてると動きがわるくなりますからね。
いつもの耐水ペーパー(400番)ピカールです。
裏面を磨くときはこんな風にプライヤーではさんでまわしましょう!
ホントはピストン回しという専用工具が必要なのですがこれでもいけます。
ただ傷をつけたり曲げてしまっては本末転倒な話なので、
布かゴムをはさんで、慎重にやさしくまわしましょう!


洗って、磨いたらグリスアップして組み付けです↓



グリスアップにはゴムを傷めない、シリコングリスを使います。
私はご覧の『WAKO'S ブレーキグリース』を使いました。

 

2650円と少し高いですが、フロントフォークのシールやいろんなゴムパーツに使えるので、1個買っといたらとっても便利です。
性能は申し分ないですね。さすがワコーズ!

こんな風に1周グルっと薄くぬります。
あまりがっさり塗るとほこりや砂がついて逆効果です。

ぬれたらブレーキパッドを組み付けていかないといけないので、
ピストンを戻します。
ここでもピストン戻しという専用工具が必要なのですが、
こんな風にプライヤーではさんでもいけます。
指でも握力のある人ならいけるのでは?

ブレーキパッドの裏とパッドピンには
極圧下に強いモリブデングリスを塗ります。
写真のはスクーターのプーリー用のモリブデングリスですが、
プーリーの方が極圧ですから問題ないでしょう!

 


後は元通り組んで終わりです!

感想としてはブレーキのギクシャクした感じがなくなり、
スムーズ・なめらかになりました。

 

にぎったらにぎった分きちんと効いてくれる感じです。
やってよかったです!

 

最後に...
ブレーキは生命と直結する作業ですので、
無理だと感じたらプロにやってもらうようにしましょう!



ページのTOPに戻る

バイクメンテナンス リストへ戻る

HOME】へ


 できる!バイクメンテナンス・カスタム[HOME] > メンテナンス リスト > フロントブレーキキャリパー洗浄・グリスアップ

厳選した役に立つサイト集

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。 
Copyright All Reserved by できる!バイクメンテナンス・カスタム〜ネットでつながるバイク乗り〜 Since 2006/04/05-